FXのキャッシュバックは取引毎が良いのか、口座開設時が良いのか

FXのキャッシュバックといっても、取引毎のキャッシュバックだけでなく、日本だと口座開設の時にもらえるものもあります。どちらが良いのでしょか?

海外では取引毎のキャッシュバックが主流

海外FXでも昔は、紹介した人が口座開設をした場合に一回だけ報酬が貰えるような報酬契約がありました。これは口座開設をして一回でも取引をすれば大丈夫であったり、取引を一切しなくても大丈夫なものまでありました。

なので友人とその友人に手数料と一緒に口座開設を頼んだり、入金も世話したりするような契約者が横行しました。もちろん契約違反なのですが、そういったことを無視する人は大勢いました。当然そのような契約は淘汰されて、いまでは海外ではほとんど見られません。

しかしFX業者は契約者を増やすためには紹介業者に頼らなくてはいけません。取引毎に利益の一部をキャッシュバックするのであれば、FX業者に損は生じないので結果としてこの方法が残りました。

国内では口座開設に報酬がでるのが主流

国内のFX業者ではまだ口座開設で報酬が貰えるところが沢山あります。また自己アフィリエイトといって、自分で自分を紹介して紹介料をもらうことができるアフィリエイト業者もたくさんありますので、誰に頼むことなく、元手もさほど必要なく、お小遣い稼ぎが出来てしまいます。

日本にはまだこのような報酬体系の契約が残っているのは、日本人はがめつくないことの証明のような気がします。日本のFX業者が海外の人を受け入れるようになったらきっとこのような報酬体系は終わってしまいますね。

また日本の店頭FXは基本呑み行為をしていて見栄えの良い狭いスプレッドを見せる努力を色々としているのですが、この複雑なトリックで得た利益の一部を紹介者に還元する仕組みを作ろうにも難しいというのも大きいと思います。

どちらが良いかというよりも別物

FX取引のコストを抑える手段としてキャッシュバックを利用するのであれば、取引毎でないと意味がないと思います。一方で口座開設するだけで報酬がもらえるのは一回きりの小遣い稼ぎがです。

今現在国内のFX業者で見られるような自己アフィリエイトのような報酬体系はどこまで続くかわからないし、業者が減ったり条件が増えたりしてくると思いますから、そこで取引を継続するかは置いておいて、できるうちにやっておくのが得策ですね。

一方取引毎のキャッシュバックではその業者とは長い付き合いになるでしょう。

スポンサーリンク